ジャグリング やり方

ジャグリングで足の下や背中の後ろなど、21種類のボディスロー紹介動画と2つのコツ

更新日:

ジャグリングをやりながら足の下や背中の後ろなどから投げたりキャッチすることをボディスローと呼びます。
ボディスローができると、ジャグリングにダイナミックさや身体の動きを取り入れた表現をすることができるし、観客からも技の違いが分かりやすくなります。
今回はそのボディスローのバリエーションを21種類、動画で紹介しています。

ボディスローを上手に投げるための2つのコツ

ボディスローではいつも通り腕を動かしてボールを投げることができなかったり、いつもと違う場所でキャッチをする必要があり、その感覚がないことが初心者がつまずく原因でもあります。
動画でも解説していますが、上手にボディスローができるようになるための2つのコツとして

  1. 手首、指先のスナップを使う
  2. 自分の身体に近い場所にボールを投げる

という点があります。
かなりボディスローがやりやすくなるので、ぜひ動画で2つのコツの詳細を確認して自分のジャグリング練習に取り入れてみてください!

神奈川県横浜市のジャグリング教室

ジャグラーまろから直接ジャグリングのやり方を習える横浜のジャグリング教室についてはこちらのページをご覧ください。
指導のプロの目から見た練習の問題点や解決するためのメニュー、演技の作り方などを個人に合わせてお教えしています。

google ad 02




-ジャグリング, やり方
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まろ | ジャグリング , 2018 All Rights Reserved.