コラム

無理というのはできなかった人たちの言葉、無意識に足を引っ張られないようにするには

投稿日:

ジャグリングや何かのプロになろう、難しいことを達成しようという人は、周囲の人からマイナスのエネルギーを受けてしまうことがあります。
嫉妬や同調圧力だけではなく、時には親切心からの場合もあるので気をつけないと影響を受けてしまいます。
そこで起こり得る状況、どうすれば良いのかを説明していきます。

1.周りの人は自分の夢を応援してくれていますか

例えば僕は(私は)「シルクドゥソレイユに出演するプロジャグラーになる」「メジャーリーガーになる」「ハリウッドスターになる」「ノーベル賞を受賞する」と言ったら、あなたの家族、友人や知人はどう答えるでしょう?
または「起業する」「漫画家になる」「全国大会に出場する」などと言ったらどんな反応が返ってくると思いますか?

  • そうか!応援するよ
  • かなり難しいと思うよ
  • 現実的に無理だよ

どうでしょう?
素直に応援してくれるイメージが浮かぶ人は、素晴らしい理解者に恵まれていますね。実際すでに目標に向けてかなり進んでいる状態かもしれません。

2.どんな時に足を引っ張られるのか

目標を口にした時に否定的な反応が返ってくる場合は、いくつかの可能性があります。

  1. 同じジャンルにいる人からの嫉妬、足の引っ張り合い。
  2. 誰かを否定して満足するタイプの人。TV越しにタレントやスポーツ選手を批判して盛り上がるような人の無責任な批判。
  3. あなたのことを心配して、より安全で確実な道を選んでほしい人のアドバイス。

1と2のタイプは論外で、単純に相手をしないことに尽きます。自分の目標だけに集中する。
それが難しい場合は、そもそも自分の目標は公言しないということも良い方法です。なぜなら人と違う目標を口にすると大抵足を引っ張る人が出てくるから。
自分のコーチや先生など、サポートしてくれる人とのみ目標を共有していれば十分です。(※お前には無理だよとサポートしてくれない先生もいます!)
形になるまで夢を公言しなければ、批判、中傷を受け流すことに無駄にエネルギーを使う必要がなくなります。

気をつけたいのは3のタイプ。これは家族や学校の先生などが心配して、親切心で言ってくれるケースが多いでしょう。
なぜなら家族も先生も「プロジャグラーになる」「起業する」などということについては想像の範囲外、自分の経験に基づいて「良い学校に進学する」「良い企業に就職する」ということが安定した人生につながると思っていることが多いからです。

この場合は関係性も近いので、ただ無視をするわけにはいきません。
確かに一般的な大多数の人と同じ行動をすれば、大多数の人と同じ人生を送れる可能性が高いという意味ではその通りです。
ただそれが自分の夢や目標、幸せとイコールなのかどうか。
少なくとも大多数の人と同じ行動をしていたら特別な目標は絶対に達成することができません

一番の問題は、家族や先生は「プロジャグラー」でもなければ「メジャーリーガー」でもなければ「ハリウッドスター」でもなければ「ノーベル賞受賞者」でもないことです。
もしそうであるならラッキーです。その業界の先輩としての意見やアドバイスから徹底的に学びましょう。
そうでないなら、家族や先生のアドバイスは、その業界について全くの初心者からのアドバイス、または自分の経験しているレベル以下でのアドバイスということになります。

例えば起業して会社経営をしたことがない学校の先生から、起業についてどれだけ有効なアドバイスをもらえるでしょうか。
例えばパフォーマー、サーカスアーティストがどうやってステージショーの契約、仕事をしているのか知らない人に進路相談をして、果たして適切なアドバイスをもらうことができるでしょうか。
答えはノーです。
もちろん自分のためを思ってアドバイスをしてくれるというその気持ちには感謝しつつ。

3.ではどうすれば良いのか

自分の夢や目標のために全身全霊の努力を惜しまない、覚悟を持って大量の行動をできるのであればという前提ですが、
その分野の専門家ではない人には意見を求めないことです。
相談をするなら、自分の目標のために「専門家に習いたい」「留学をしたい」「クラブチームに入りたい」というような具体的な行動についてです。
そしてその点についての反対意見には、自分の具体的な行動と覚悟を示して説得をする必要があります。
それでもサポートを得られない場合はアルバイトをしてでも、1分1秒を無駄にせず自分自身で何とかすることです。

特別な夢になればなるほど、最初の理解者はほぼ0に近いです。そして実際夢に近づいていくと、徐々に理解者や協力者が増えていきます。
最初は悪意でも善意でも、無理だよ、難しいよ、こっちの方が良いよという反対意見が多いのが当たり前と心得て、それに惑わされず、自分の目標だけを絶対的な基準に考えて行動していきましょう。

・まとめ

  • 嫉妬で足を引っ張る人はどこにでもいる。同じレベルで相手にしない。
  • 善意で足を引っ張る人には感謝しつつも相談しない。
  • そのジャンルで実績のある専門家に相談する。
  • 自分の目標だけが絶対的な基準。
  • 1分1秒を無駄にしない圧倒的な行動量。

誰でもできるとは言いません。
でも本当にやり遂げたい夢や目標があるなら、無駄なことを一切せずに生活の全てをそこに賭けていく、その覚悟と行動ができるなら必ず道はあります
まずは本当にやりたいことは何か、行動しながら考えていきましょう。

・神奈川県横浜市のジャグリング教室

ジャグラーまろから直接ジャグリングのやり方を習える横浜のジャグリング教室についてはこちらのページをご覧ください。
指導のプロの目から見た練習の問題点や解決するためのメニュー、演技の作り方などを個人に合わせてお教えしています。

 

google ad 02




-コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まろ | ジャグリング , 2018 All Rights Reserved.