アイキャッチ下アドセンスリンク広告




ジャグリングオンライン教室 ボールジャグリング応用技 動画

ウインドミルのやり方講座【3ボールジャグリング応用4】

更新日:

3ボールジャグリングの応用技、ウインドミルのやり方を3つのステップで解説します。

名前のとおり、風車のようにボールが一方向にぐるぐる回る技です。

ミルズメスなど他の応用技の基礎にもなる技なので、ぜひ動画をみながらマスターしてください。

スポンサーリンク

1.ウインドミルの3つの練習ステップ

ステップ1. ボール1個で投げ方をおぼえる

片方の手はアウタースロー、それをキャッチした手は反対の腕の下から投げる、その繰り返しをボール1個で練習します。

ステップ2. ボール2個で投げる練習

両手に1個ずつボールを持ち、アウタースローと腕の下からの投げ方を繰り返します。

仮に右手がアウタースローとすると、右手はアウタースローのみ、左手は腕の下からのみです。

動きになれてきたらなめらかに続けられるように練習します。

気をつけたいことは投げたボールは毎回反対の手でキャッチするということです。

ステップ3. 3個ボールウインドミル

まずは3キャッチをします。順番はアウタースロー、腕の下から、アウタースローです。

3キャッチになれたら4キャッチ。

そこまで確認できれば、あとは5キャッチ、6キャッチ、続くだけと伸ばしていけばウインドミルの完成です。

2. ウインドミルの2つのコツ

1. パターンの高さを保つ

ウインドミルの完成形は高速でぐるぐる回すかっこいいイメージがありますが、パターンを覚えるにはあせらずに高めに投げましょう。

高く投げることで時間の余裕もできるので、腕を交差するパターンも理解しやすくなります。

2. 手首、指先のスナップをつかう

ウインドミルでは腕を交差した下の腕を自由に動かせないので、その分手首、指先のスナップをつかうとうまくボールを投げることができます。

3つのボールがぐるぐる同じ軌道を描くためにはこの手首のつかい方がポイントになるので意識してください。

スポンサーリンク

3.追加のウインドミル練習方法

ウインドミルのパターンはハーフシャワーと似ています。

ハーフシャワーから少しずつ腕を交差させていくと、それだけでウインドミルのパターンにすることもできます。

感覚的にできそうだなと感じる人はやってみてください。
1つずつ練習ステップをふまなくてもあっさりウインドミルができる可能性もあります。

・ウインドミルの練習方法まとめ

3ボールのウインドミルの練習ステップは3つです。

  1. ボール1個で投げ方をおぼえる
  2. ボール2個でアウタースローと腕の下から投げる
  3. ボール3個でウインドミルのキャッチ数をふやしていく

ウインドミルの練習に行き詰ったら、2つのコツを意識しましょう。
ウインドミルの2つのコツとは

  1. パターンの高さをたもってゆっくり投げる
  2. 腕交差の下の手の手首、指先のスナップをつかう

ことです。

動画をみてできそうな人はハーフシャワーの応用でウインドミルに移行することもできます。

ウインドミルができるようになると、腕を交差して手首や指先をつかう感覚を身につけることができます。

ミルズメスなど、さまざまな3ボールジャグリングの応用技に役立つので初心者はぜひマスターしてください。

 

 

 

 

google ad02




-ジャグリングオンライン教室, ボールジャグリング応用技, 動画

Copyright© まろ | ジャグリング , 2019 All Rights Reserved.