アイキャッチ下アドセンスリンク広告




ジャグリングオンライン教室 ボールジャグリング応用技 動画

クロスアームカスケードのやり方【3ボールジャグリング応用3】

更新日:

3ボールジャグリングの応用技、クロスアームカスケードのやり方を3つのステップで解説します。

これは腕を交差させた状態でリバースカスケードをやる技です。

腕を交差させた状態の応用技は、ミルズメスやそのバリエーションなどたくさんあります。

クロスアームカスケードは応用技への入り口になる技なので、ぜひ動画をみながら練習をしてください。

スポンサーリンク

1.クロスアームカスケードの3つの練習ステップ

ステップ1.ボール1個で腕交差の投げ方をおぼえる

腕を交差させた状態でボール1個を反対の手に投げます。

ある程度なれてきたら、腕の上下も入れかえて練習しましょう。

ステップ2.ボール2個で腕交差してリバースカスケード

ボールを1個ずつ手に持ち、その状態でリバースカスケードをします。

なめらかにできるように練習して、慣れてきたら腕の上下も入れかえて練習しましょう。

注意点として投げる手は動いていいのですが、腕の交差が解除されないように気をつけましょう。
腕の交差がなくなるとクロスアームではなくなり、ただのリバースカスケードになってしまいます。

ステップ3. ボール3個でクロスアームカスケード

ボール3個で腕を交差して、その状態でリバースカスケードを3回やります。

なれてきたらその回数を5回、7回と増やしていきましょう。
腕を交差したままジャグリングをつづけられればクロスアームカスケードの完成です。

ミルズメスなど応用技のために、腕の交差が上下逆でもできるように練習をしておきましょう。

2.クロスアームカスケードのコツ

クロスアームカスケードは腕が交差しているので、特に下になっている手が思うようにボールを投げることができません。

両手とも手首と指先のスナップをつかい、からだの中心に向かってなげるようにするとうまく投げることができます。

真っすぐ投げ上げてしまうとキャッチできないので、うまくクロスアームカスケードができない人はしっかり内側にリバースカスケードの軌道で投げられているか確認しましょう。

スポンサーリンク

・まとめ

クロスアームカスケードの練習ステップは3つです。

  • ステップ1. ボール1個で腕交差の投げ方をおぼえる
  • ステップ2. ボール2個で腕交差してリバースカスケード
  • ステップ3. ボール3個でクロスアームカスケード

クロスアームカスケードのコツは、手首と指先のスナップをつかってボールをからだの中心に向かって投げる、リバースカスケードの軌道を意識することです。

腕を交差した状態でのジャグリングは、観客に技の複雑さや難易度が高い印象をあたえることができます。

3ボールジャグリング応用技の入り口、クロスアームカスケードをぜひマスターしてください。

ジャグリングのやり方YouTubeチャンネル

初心者むけにジャグリングのやり方やストレッチ、トレーニング方法をたくさんの動画で解説しています。
毎日動画をアップロードしているので、見逃さないためにもぜひチャンネル登録よろしくおねがいします。

・限定コラム配信LINE@

このブログよりも本音で書ける、練習のモチベーションや上達につながる限定コラムやおすすめ情報などを配信しています。
この記事を気に入っていただけたらぜひ下記のリンクから友だち追加よろしくお願いします!
友だち追加
友だち追加リンク

・横浜市のジャグリング練習会

毎月2回、初心者でも参加できる自由練習会をおこなっています。
6/12(水)、24(月)17:00〜20:50 緑スポーツセンター第3体育室です。
場所などくわしくはこちらのページをご覧ください。
ジャグリングに関するなやみなど、ジャグラーまろが直接お答えすることもできます。

google ad02




-ジャグリングオンライン教室, ボールジャグリング応用技, 動画
-, , , , , , , ,

Copyright© まろ | ジャグリング , 2019 All Rights Reserved.