アイキャッチ下アドセンスリンク広告




ジャグリングオンライン教室 ボールジャグリング基本技 動画

4個ボールジャグリングのやり方講座【シンクロファウンテン】

更新日:

4個ボールジャグリングの基本技、シンクロファウンテンのやり方を4つの練習ステップで解説します。

3個の基本技片手で2個のジャグリングができれば、初心者でも身につけられる技です。

動画をみながらステップを1つずつ練習してください。


4ボールシンクロファウンテンのやり方講座

スポンサーリンク

1. 4ボールシンクロファウンテンの練習4つのステップ

ステップ1. 片手で2個のジャグリング

4個のジャグリングは片手で2個のジャグリングを両方の手で同時におこなっているという状態です。

片手で2個が必須なので、安定していない人は片手で2個のジャグリングのやり方動画をみながら練習をしてください。

片手で2個がすでにできる人も、顔を正面に向けたまま片手で2個ができるか確認しておきましょう。


片手で2個のジャグリングやり方講座

ステップ2. ボール3個で練習(4,4)(4,0)

片手で2個をやりながら、反対の手でもタイミングをあわせて2回に1回ボール1個を投げます。

これは3ボールの1up2upと同じリズム、形も近い技なので1up2upもできるようにしておきましょう。

ステップ2の片手で2個は左右両方の手で練習しておきます。


3個ボール1up2upのやり方講座

ステップ3. 4個ボールフラッシュ

ボール2個をペアで投げて、そのペアが落ちてきたら次のペアを投げます。

この2セット投げてキャッチをしっかり練習します。

ステップ4. シンクロファウンテン

キャッチする数を3セット、4セットと少しずつふやしていきます。

3セット、4セットが安定しないのに続くだけ続けようという練習は避けた方がいいです。

まずは10セットをめざしましょう。

ある程度楽に10セットができるようになってきたら、そこからはどんどん続くだけ4ボールを投げていきます。

2. シンクロファウンテン5つのバリエーション

  1. 外回し
  2. 片手は内回し、片手は外回し、回転方向をそろえる
  3. 平行
  4. 平行(たがい違い)
  5. 平行(スプリット)

スポンサーリンク

・まとめ

4個ボールシンクロファウンテンの練習ステップは4つです。

  1. 片手で2個を習得
  2. ボール3個で練習(4,4)(4,0)
  3. ボール4個でフラッシュ(2セット)
  4. 4個シンクロファウンテン

4個シンクロファウンテンのコツは投げ急がずに、空中にあるのはボール2個だけ、それが落ちてきたら次の2個を投げるという感覚です。

4個のジャグリング入門技なので、楽なリズムを意識しながら練習をしてください。

ジャグリングのやり方YouTubeチャンネル

初心者むけにジャグリングのやり方やストレッチ、トレーニング方法をたくさんの動画で解説しています。
毎日動画をアップロードしているので、見逃さないためにもぜひチャンネル登録よろしくおねがいします。

・限定コラム配信LINE@

このブログよりも本音で書ける、練習のモチベーションや上達につながる限定コラムやおすすめ情報などを配信しています。
この記事を気に入っていただけたらぜひ下記のリンクから友だち追加よろしくお願いします!
友だち追加
友だち追加リンク

・横浜市のジャグリング練習会

毎月2回、初心者でも参加できる自由練習会をおこなっています。
次回練習日
10/9(水)17:00-20:50 港北スポーツセンター第3体育室
10/21(月)17:00-20:50 緑スポーツセンター第3体育室
場所などくわしくはこちらのページをご覧ください。
ジャグリングに関するなやみなど、ジャグラーまろが直接お答えすることもできます。

google ad02




-ジャグリングオンライン教室, ボールジャグリング基本技, 動画
-, , , , , , ,

Copyright© まろ | ジャグリング , 2019 All Rights Reserved.